舞台探訪や風景印・郵便局巡り、乗り鉄・乗りバスが大好きなサイトです。

撮り鉄(関東)


千葉都市モノレール

千葉市中心部を走る千葉都市モノレールは、懸垂式モノレールとしては世界最長を誇り、ギネス世界記録にも認定されています。2012年には従来の車両から大きくイメージチェンジを果たしたアーバンフライヤーが登場して注目を集めています。運転席中央の足元がガラス張りになっているという斬新な設計の新型車両で空中散歩は如何ですか?

車両

 

左:従来型の1000形です。アルミボディで無塗装のようですが、実際にはラッピングが施されています。写真の車両ではアーバンライナーに類似したラッピングになっています。
右:モノレール車両のイメージを大きく様変わりさせた斬新な新型車両、0形アーバンフライヤーです。車内は黒を基調とした落ち着いた雰囲気の内装で、しかしガラスを多用しているので暗くなり過ぎず開放的に仕上がっています。

券売機

 

券売機は日本信号製を採用しています。一部の駅では右の防犯カメラ内蔵タイプも設置されています。投入部を光で知らせる機能が付いています。


どちらの機種も接客画面の攻勢は一緒です。日本信号製の券売機特有の文字が小さくて見にくい画面は健在です。エクセルで作った画面のようです。もうちょっとユーザーを考えたデザインにならないものか…

発車標


上:千葉駅には大型の発車標が設置されています。アーバンフライヤーのデザインと統一されています。
下:千葉みなと駅には2段式の発車標が設置されています。デザインは千葉駅のものと一緒ですね。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system