郵便局巡りや乗り鉄・乗りバスが大好きなサイトです。

乗り鉄(関東)


京浜急行 新1000形1600番台

 

京急で増殖を続けている新1000形ステンレス車ですが、16次車として導入されたタイプはアルミ車以来途絶えていたクロスシートが復活したことで話題となりました。車体側面は15次車より変更された全面ラッピングになっています。車内で目に付く変更としては、まず座席袖仕切りの大型化・形状変更です。一部にガラスが採用されたことによって従来品より車内が広く感じられるようになりました。


 

そして最大の目玉であるクロスシートの復活です。今回は片側クロス片側ロングの配置となっていて混雑時にも配慮したかたちとなっています。座席自体は従来品と同等かと思われます。ただし今回のクロスシートには京急初のコンセントが設置されています。携帯の充電などで重宝しそうですね。


もう一つ大きな変化として、ドア上のLCD画面が再び2面になりました。増設されたLCD画面では中国語と韓国語による案内のみが行われます。こちらは千鳥配置になっており、従来の1面のドアと増設された2面のドアが混在しています。羽田空港国際化に伴う多言語案内を考慮に入れたものです。品川駅の電光掲示板の見難さで懲りたのでしょうか?

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system