舞台探訪や風景印・郵便局巡り、乗り鉄・乗りバスが大好きなサイトです。

東京都大田区


東京流通センター内郵便局

 

物流ビルA~D棟とセンタービルの5つの建物で構成されているのが東京物流センターです。センタービルに設けられている展示場では同人誌即売会も開かれており、かつてはコミケ会場として使われた事もあるそうです。東京流通センター内局には多数の企業オフィスに対応するべく、入口に多くの私書箱が設けられているのが特徴的です。図案は東京流通センタービルと東京モノレール、首都高の平和島ICに隣接する交差点「平和島クローバーチェンジ」です。風景印を押印してもらおうと窓口で尋ねると、コンビニのバイトでも見かけないようなやる気のない局員に応対されて心底嫌な気分になったのは残念でした(なお押印をしたのは別の局員さん)

羽田空港郵便局

 

1931年に開港した羽田空港は常に拡張を続けており、現在では国内線2棟・国際線1棟の計3棟のターミナルビルと、A~Dの4本の滑走路で日夜多くの乗客と貨物を捌いています。そして外国からの国賓を迎える玄関口として重要な役割を果たしています。郵便局は第一ターミナルの一角に設けられています。日本の空の玄関口でありながら窓口営業は平日のみというのはちょっと残念です。風景印には飛び立つ飛行機と管制塔、第一ターミナルビル、第一・第二ターミナルを結ぶ橋「スカイアーチ」が描かれています。増え続ける需要に対して滑走路などが不足しており飛行機の遅延が常態化しています。2020年東京オリンピックに向けてどのように変化していくのか?まだまだ成長を続けていく羽田空港に今後も大いに期待したいです。



東京都品川区


品川天王洲郵便局

 

天王洲アイルは名前こそあまり耳にしませんが、バブル末期以降国内最大規模の都市開発が行われ、国内外の大手企業がオフィスを構えています。また高層マンションも多数建設されてビジネスマンから家族連れまで幅広い層で賑わっています。東京モノレールの天王洲アイル駅に直結しているシーフォートスクエア1階にあるのが品川天王洲局で、風景印には高層ビル群とモノレールが描かれています。当日は刀剣乱舞のイベントが開かれていて、妙に女性比率が高い空間になっていました…。コミケ1日目と日程がかぶっているのに随分集まるものなのだと感心した次第です。



東京都港区


汐留シティセンター郵便局

 

かつて汐留貨物駅があったエリアを再開発して誕生した複合都市「汐留シオサイト」の一角にある汐留シティセンターの地下にあるのが汐留シティセンター局です。図案は汐留シティセンターと新交通ゆりかもめです。ゆりかもめは臨海副都心へのアクセス手段として1995年に開業しました。通勤・通学を始めとして多くの観光客にも支えられて臨海副都心と共に発展を続けています。この風景印には東京都港区の発展の象徴が描かれていると言っても過言ではありません。

芝郵便局

 

東京のシンボルとして長らく君臨してきた東京タワーの近隣にあるのが芝局です。なかなか立派な局舎でしたが外壁を工事中だったので写真は入り口部分だけにしました。風景印にはもちろん東京タワーが大きく描かれて、横には忠臣蔵で有名な増上寺が配されています。しかし押印依頼が多いのか摩耗が激しかったのが残念です。スカイツリーの柔らかい雰囲気と対照的に力強さを感じる東京タワーの姿をこれからも多くの方にご覧頂きたいと思います。因みに、この風景印は普通の円形のようでタワーの先端が突き出ていて変形印に分類されるそうです。指摘されるまで分かりませんでした。

世界貿易センター内郵便局

 

浜松町駅前にそびえ立つ高層ビルが世界貿易センタービルです。1階にある郵便局には同居するテナントのオフィスが頻繁に利用しているようで、局内には多数の私書箱が設置されています。自分が訪れたときは開局時間丁度だったので、OLさんがキャリーバックを持って大量の郵便物の受け取りに来ているなど、オフィス隣接局ならではの光景が見られました。図案は貿易センタービルに東京タワー、羽田を飛び立った飛行機、そして東京モノレールです。モノレールの車両はかつて使われていた500形ではないかと思われます。

新橋郵便局

 

サラリーマンの街、新橋の名を冠した新橋郵便局は集配局かと思っていたのですが、実際にはこじんまりとした普通局でした。新橋と言えば鉄道発祥の地、というわけで風景印にも蒸気機関車などが描かれています。この開業当初の蒸気機関車は鉄道博物館に保存されています。気になる方はぜひ見学を。



東京都世田谷区


世田谷若林四郵便局

 

世田谷線沿線の閑静な住宅街の中にある世田谷若林四局です。描かれている電車は先代の世田谷線車両70形か80形と思われます。印影が残念な感じになっていますね。

世田谷若林三郵便局

 

世田谷若林四局の隣駅「松陰神社前」駅そばにあるのが、世田谷通りに面している世田谷若林三局です。非常に細長い独特な形状の局舎をしています。風景印に描かれている電車は世田谷若林四局と同じく70形か80形です。

豪徳寺駅前郵便局

 

世田谷線の山下駅と小田急線の豪徳寺駅は歩いて1分足らずの距離にあり、乗換に非常に便利な立地になっています。駅前の商店街は狭いながらも賑わっています。そんな商店街の中にある豪徳寺駅前局の風景印には小田急ロマンスカーが描かれています。これに世田谷線が入っていれば更に嬉しかったのですがね。図案の車両は小田急ファン憧れの的であるロマンスカーシリーズで現役最古の7000形であると思われます。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system