風景印・郵便局巡りや乗り鉄・乗りバスが大好きなサイトです。

静岡県


三島駅前郵便局

 

三島駅南口の商店街にある三島駅前局では、富士山に新幹線、三島駅舎が描かれた風景印が設備されています。新幹線の風景印としては少数派の100系新幹線が描かれているのが特徴です。

三軒家郵便局

 

三島駅から10分ほど離れた駿豆線沿線にある三軒家局にも新幹線の風景印が設備されています。ヘッドライトが横長なので、三島駅前局と同じく100系新幹線がモデルになっている事が分かります。

今泉郵便局

 

吉原駅と岳南江尾駅を結ぶ岳南電車は、全有人駅に硬券を設備していることで鉄道ファンの注目を集めている会社です。さらに全ての駅から富士山が見える鉄道として積極的に宣伝しています。そして岳南原田駅から10分ほど歩いた所にある今泉局には岳南電車が描かれた風景印が設備されています。京王井の頭線から譲渡を受けた車両が地元の足となって第二の人生を送っています。

吉原郵便局

 

吉原は紙の街として製紙業が盛んです。吉原地区の中心的機能を担っている吉原局の風景印は「田子浦港から見た富士山を描き、特産の洋紙と新幹線を描く」とあります。ちなみにこの局舎の裏にAPITAがあり、その中で人生初のスガキヤを体験してその美味しさに感動した次第です。

吉原中央町郵便局

 

吉原局とは吉原中央駅(駅と言ってもバスターミナルの事です)を挟んで反対に位置する吉原中央町局にも風景印が設備されています。図案は「左富士の松と田子浦港を描き、JR東海道新幹線を配す」とあります。東海道新幹線から富士山を見るには、下り列車では進行方向右側が当たり前と思われるかもしれません。ですがこの吉原近辺でだけ左側から富士山が見えるのです。この事は東海道五十三次でも記述されています。

富士水戸島郵便局

 

富士水戸島局の風景印には富士川を渡る新幹線が描かれています。前面の傾斜を見ると700系新幹線ではないかと思われます。700系が描かれた風景印は比較的珍しいかと。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system